2018年12月3日月曜日

【 Hash War 】 (ハッシュウォー)によってBTCは年初来安値を更新。厳しい相場が続く。

BCHABC BCHSVによるHash Warがビットコインを壊す

マーケットは壊滅的ダメージ。福音のbakktも延期へ

前回の記事更新後BCHは無事二つのコインへ分岐した。しかしこの2つのコインBCHSV BCHABCの2つの陣営の争いは激化しHash Warなる不毛な消耗戦を開始した。
Bitmex Researchはこの戦争でかかるコストの試算を公開している。彼らは巨額の赤字を立てながら日々BCHを掘り続けている。この赤字の補填に保有しているBTCをマーケットで売却し、BTCの価格に影響を与えた。この騒動の当事者、自称"satoshi"のCraig氏はBTCを1000ドルまで落とすと豪語している。


BTC週足チャート
 ネガティヴを加速させた要因としてチャート上では長期間破られることのなかった上昇トレンドラインを割り込んだ事も挙げられる。多くの人が割ることはないと信じていたラインでもあるし、実際BCHのフォークがなければ割ることはなかったラインだろう。なぜなら、この数ヶ月出来高は減少し買いも売りも殆どなく価格は安定していたからだ。そんな中、最大級の大口が現物の大量売りを出したため需要供給の歪みが発生し大きく価格が動くことになった。

 12月相場の目玉であったBakktも同タイミングで延期を発表、株安なども同時進行しマーケットの心理は悪くなり1時3500ドルを割り込む結果に。現在ショートカバーにより反発を始め4000ドルを超えている。しかし、サポートラインの消失により多くの人が節目である3000ドルラインが大底だと見ているため買いが続かず値動きは重いのが現状だ。
Bitfinex Long Short

 ただし、この状況で裸ショートは少々危険。Bitfinexのロングショート比を見て観るとこの数日3700−4200ドルからひたすらショートを打ち続けたためショートの比率が増大し、4500ドル近辺まで上げられると売り方はポジション維持が非常に厳しい状況になる。fundingcostも上昇しているため彼らが期待している3000ドルへの大口の現物投げ売りが起きるかどうかが肝になるだろう。
 現状のマーケットではレバレッジをかけたトレードは立ち回りが難しい。わからない人はとりあえず現物の買い下がりがベターだろう。


2017年初値は116000円 バブルは再来する?

 巷では2月ごろから年末になればまた上昇相場はやって来る。そう言われていたけれどついに最安値更新、安値継続中のBTC。2017年上昇相場は再び来るのか?過去を振り返って検証。

BTC日足


  2017年初値は116000円、最安値は90000円、最高値は12/7日に付けた2210000円。上昇%は約1900%、2017年初日にビットコインを購入した人は12月まで"HODL"していれば株でいうテンバガー銘柄を当てたことになる。

MONA 2017


 ちなみに日本で買える銘柄で人気があったモナコインは初値2.8円、最安値2.7円最高値2100円。最大75000%上昇という買った人はほぼ損をせず12月まで持っていれば全員資産7500倍という夢の銘柄だった。(自分も1月頃買おうとしてたが登録が面倒で買わなかったことが悔やまれる。)



 TwitterなどSNS上での盛り上がりも一つのトレンド指標としては面白い。昨年最も強気価格だった時には取引所の本人確認のハガキの遅れを気にするユーザーが大量に存在し、まさに今すぐ欲しいビットコインだ他のがわかる。今はこんなことを書いてる人はいないし、もちろんハガキもすぐくる。



 Googleの検索量をサーチしてもやはりピーク時に比べビットコインや仮想通貨に関して調べてる人は右肩下がり。コインチェックが盗難にあった際は多くの注目を集めたのに対し最近のzaifからの盗難は全く話題になっていないのも面白い。これを見ればアフィリエイトブログの収益も悪化しているのも予想でき、去年のような一般人を巻き込んだお祭り騒ぎも起こしにくいのがわかる。今、ビットコインのフェーズは世間からの無関心へと変化し、前回のようなバブルを直ぐにでも起こすパワーは失われている。だがこれを好機と捉え、安くなったコインを買いHODLするのは悪くないかもしれない。