2018年11月17日土曜日

MHW 歴戦王ゼノジーヴァソロ攻略。

 MHWのラスボス、ゼノ・ジーヴァが強化されてやってきた。

MHWの最終ボス、ゼノ。人気の古龍種の新モンスターなのだが、どうも魅力がなかった。
大きすぎる図体で近距離ではやりにくく、緩慢な動きのため弓やボウガンででパシャパシャしてるだけの敵なので緊張感のない戦いになりがちだった。
さてそんな残念ボスが歴戦王(誕生したばかりのモンスターなのに歴戦とは?)というMHW最大の強化イベントで再来。どうせパシャパシャしてりゃ倒せるんだろうと思ったら予想外に強かった。

凶悪、スリップダメージ連鎖 そして爆発

元々、怒り時の攻撃により床が燃えてスリップダメージが発生していたのだが、通常時でこの画像の状況になる。昔のMHの火山マップかな?というこの環境での戦闘になるので熱ダメージ無効のための心頭滅却の護石が必須になる。攻略サイトではこれに属性やられ無効もつけられているが、護石だけで問題なかった。

ゼノジーヴァ


今回凶悪だったのはこれだけでなく怒り時の地面パンチ。パンチ後に地面が爆発するのだが時間差でマップのほとんどが爆発する。ガンナー防御450程度では即死だったので近接でも結構シビアなダメージを喰らうため無対策では攻略不可とみて撤退。弓はガードできないので回避マスターでもない限り面倒極まりない立ち回りを強いられるだろう。

そんなわけでヘヴィにガード盛り盛りでリベンジ

歴戦王ゼノ テンプレ装備

ガイラアサルトにシールドをつけ、ガ強ガ性で防御を高める。これによりガード時レーザはほぼノーダメージ、爆破だけ小ダメージとなる。自信がある人はガ性を減らしつつ攻撃スキルに変化すると良い。
立ち回りは、通常時はひたすら武器を出しながら近くにある弱点を狙っていく。頭は動き回って当てにくいので前足がやりやすい。ガードしながらも少しずず体力は削られていくがオトモのミツムシで事足りる。(回復カスタムを積んでいるならもっと楽)
怒った時が最大のチャンスタイム。
厄介な爆破パンチもガ強があれば防げる上、ガ性4もあれば削られる体力も20%前後。耐えた後は胸に向かって連写してるとダウンを取れる。さらにダウン中も胸を打ち続けることで連続ダウンも可能(7連続ぐらいいく時もある)。唯一厄介なのは浮遊した時で、攻撃判定が微妙なためたまにガードできずに即死する。怒り時はなるべくダウンを狙って飛ばないようにするとタイムも早まる。
20分もすれば大抵倒せる。若干ハメっぽいが雑魚ボスの汚名は無くしたと思うほどの強化。苦戦している人は是非お試しあれ。

0 件のコメント:

コメントを投稿