2017年10月31日火曜日

買うか悩むぞ。ERDEM x H&M 

メンズは初めて?ERDEM

H&Mは年に一度有名ブランドとコラボする。今年はEADEM。レディース中心のイギリスブランド。アイテムの一覧がでたけれど、中々格好良い。画像のウインドウペンのセットアップとコートはpaul smithの17awにも近いので欲しくなるが、値段も3万円台とファストファッションの割りに強気だ。11月2日から発売だけど、近所で販売されるのが心斎橋店のみ。遠いなー。

2017年10月21日土曜日

Made in Japan の凋落とMade in PRC の台頭

Made in ??? 国の信頼度とは?

 少し前に七つの会議という本を読んだ。作者は池井戸潤。半沢直樹が有名だがこの本はそのシリーズではない。ストーリーの主軸は作者お得意の企業の不正暴き。主人公が勤める会社がコストカットのため町のネジ工場から大手メーカーへと下請けを変更するが、そのメーカーはネジの強度を偽装し製造費を極限まで下げていたというものだ。これだけで分かると思うが、この小説は最近話題になっている神戸製鋼の問題と酷似している。
 かつて日本の商品は値段が高いけれど、品質も良いという評価だった。そんな風にしてjapanブランドの価値を上げていたはずなのだが、今はどうだろう?デパートは閑古鳥が鳴き、民藝品の田舎の上質な小道具は風前の灯、飲食店も高級店は一部の人しか利用せず、激安居酒屋が町の中心部に鎮座している。人々は高くて良いものを捨て、安くてそこそこのものを手にするのになれてしまった。100円ショップ、コンビニスイーツ、格安航空、メルカリ、ファーストフード、これらが増大する現代は本当に良いものを作りたい人たちには厳しい環境だ。神戸製鋼の不祥事は、彼らだけの問題ではない。我々は、長く使える良いものをから、安いんだから壊れて当然への考えに自然にシフトチェンジをしてしまった。それは様々な企業の過剰なコストカットを加速させている。かつて中国製が安いのは品質がわるいからと揶揄されていたが、このままこの流れが続けばmade in japanもその目で見られるかもしれない。
 去年、BALLYのバッグを購入した。定価は10万円を超えている。製造国を見てみると"Made in PRC"と書かれていた。調べてみるとPeople's republic of chinaの略称らしい。要は中国製だ。粗悪品しか生み出さないと馬鹿にされていた中国はイメージの脱却をスタートさせている。Made in PRCが躍進する今、Made in Japanの巻き返しに期待したい。

竹十にて 「秋日夢」

久々に展覧会へ足を運ぶ

人形作家のさんの展示ということで久々に京都まで。期日は10/20-22と短期なんだけれど、年に3日しか開かれないギャラリーらしい。行ってみると建物が凄い。伝統を感じさせられる。茶室にある人形がまた妙にマッチしてて良い。話を聞くと、人形は粘土で手作りしたあとに油彩で手塗りだそうで、やっぱり立体は凄いなと思ってしまう。モチーフに一つ欲しいぐらいだ。展示は今日明日だけになってしまったけれど、近所の人は行ったほうがいい。

ギャラリー 竹十にて  「秋日夢」
人形作家 衣   画家 戸田勝久
2017 10/20-22 13:00ー19:00
京都市左京区一条寺才形町31-2 竹十京都店

2017年10月20日金曜日

久しぶりに展示


Art rainbowというレジデンスに参加します。

11月8日から、韓国の慶南道立美術館で現地制作、その後展示をすることに。今のところ、韓国と日本の文化の違いをだすために両国のお面にフォーカスを当てた作品を制作する予定。時間がないので急ピッチで準備中。
 油絵の輸送は難易度が高いのでジェッソ下地を作って持っていくことになるかな。絵具とかも空輸が厳しいのだけど韓国にまともな油絵の具はあるのだろうか?

2017年10月16日月曜日

Google Pixel Bud 自動翻訳の時代?

翻訳こんにゃくは夢じゃないかも。


ついに現れたリアルタイム翻訳機。Yahooニュースでも記事が出ている。pixelシリーズのスマホが必要だが、2万円でこの機能が使えるなら欲しい。しかし、こういった翻訳機が実際に発売されるなら、apple等他メーカーも黙ってないだろう。すぐに同系統の商品が発売されるのが目に見える。最近は翻訳技術があがってきたのか、google翻訳で海外ニュースを読んでみるとマイナーな言語でもない限り内容は8割方理解できる。ネイティブクラスの語学のスキルがあればまだまだなのだろうが、普通に勉強した人間よりは翻訳システムのレベルが上だろう。今後の技術の発展スピードを考えると、語学は機械に頼って当然になるのかもしれない。
 10年ほど前、メモリ1GB、コア2つのPCがハイエンドクラスだった。ほとんどの家庭用PCがメモリ128、256、512 [MB]という今ではもう見ない数値で、HDDも1GBに達するものを積む必要はほとんどなかった。しかし今、iphoneがメモリ3GB、HDDに至っては256GBに到達している。PCのハイエンドモデルはメモリが32GB、HDDは1TBを裕に超える。当時のPCは今やポンコツ以下の存在で、現行のソフトを動かそうとすれば一発でオシャカになる。だが当時はPCでインターネットで情報を手に入れることや、タッチパネル端末を一部マニアックの趣味程度にとらえていた。今そんなことを言う人は一人もいない。
 iphoneの前身のipodや小型音楽プレイヤーもMDやCDプレイヤーで十分だと言われ、使用する人は少なかった。自分はaiwaのmp3プレイヤーをいち早く購入したが、容量128MBで取り込める曲は40曲程度、それでも価格は2万円前後という今ではあり得ないモノだ。インターフェースも不便で、CD側のロックや規制が厳しくまともに音楽を取り込めないのが普通であった。それでも小型機器で音楽を聴くのは先進的な気分になったし、いつか普及する確信を得た。現在、インターフェースは充実し誰でも音楽をPCに取り込める、まともな曲がなかったitunesは飛躍的な成長を遂げ、CDを駆逐している。
 たった10年で電子機器は加速度的な成長を見せる。そんなことが起きるはずがない、そう思っていたものはすべて現れる。AIの出現、仮想通貨、Iotやスマート家電は世間に広がり始めている。その一方、アナログテレビもVHSもなくなった、かつて一世を風靡したMDプレイヤーは誰も使っていない。紙媒体が最高だと言われていた本も電子書籍にどんどん浸食されている。世界が現状のまま未来へ繋がっていくと思っていると痛い目を見る。かつてはあり得ないと思われていた自動翻訳機がスタンダードになることに期待したい。



2017年10月14日土曜日

Paul smith 17aw

今年は落ち着いてる?Paul Smith

 
1度モチーフで描いてから、Paul Smith の服を買う事が増えた。今年のコレクションも気になってyoutubeで見たけれど格好良い。ウインドウペンのセットアップは売れそうだ。シャツも欲しいが、我慢しなければ。画像で見ると何だこれと思う商品も、店舗に行って見てみると段々有りなんじゃないか?という風に気持ちが変わってくる。Paul smithの服は不思議だ。来年のマグロは流石にどうかと思うが・・・
今季一押し?のモンキープリント。注目していたら地元でもシャツが売り切れ。日動画廊に行ったついでにGINZA SIXの店舗に行ってみたがリュックとブルゾンのみ。たまにメルカリなどの中古市場にも出回るけれど即売り切れ。神戸で一度着用してる人を見たけれどやっぱり格好良い。そのうち手に入れたい一品。
 もう一つ気になったのが、コレクションの会場がパリのエコール・デ・ボザールで行われていること。アングルやモネも通ったフランスの国立美大だ。授業で一度見学に行って、留学したくなった大学だけれど、歩いて回った時には誰も絵描いてなかった。現代アート系が中心なのか、なんだか日本の美大よりも自由に見えたけれど、学級崩壊してる中学校みたいな雰囲気でもあった。美術教育も難しい。ボザールの生徒と話して驚いたのは、授業料が無料なのに加えて海外留学は必修だということ。フランスに生まれたかった!



xemからEthereumへ

Altの王。Ethereum 


スマートコントラクトってなんだ?理解できる人いるのか? 


クリプトは知識がない人には他の金融商品より敷居が高いが、わからないまま買われることが多い。Ethもその典型の気がする。よくわからないので調べて見たが、やっぱり一般人には意味不明な内容だ。
 Wikipediaによると”契約のスムーズな検証、執行、実行、交渉を意図したコンピュータプロトコルである。スマートコントラクトには第三者を介さずに信用が担保されたトランザクションを処理できるという特徴がある”というのがスマートコントラクトらしいのだが、これで分かっただろうと言われてもキツイ。
 だがアフィリエイトブロガー達があの手この手でこのよくわからない商品を激推ししている。おそらく時価総額2位というのが上昇理由として分かりやすく、上がればなんでもいいイナゴ達が釣れるのだろう。自分もそのウェーブに乗るため怪しいzaifは見捨て別の取引所で購入。 

数日で10%上昇。やっぱり上がればなんでもいいのか


今日10%上昇したので利確。上々なんだけれど、隣でmonacoinが2000%近い上昇をみせていたので少し残念。この前まで50円で高いと思われていたmonaがいまや600円。しかし100円を超えたあたりから購入者が増加したのはやはり投機目的だろう。実際1mona600円と言われてもまだ少し?な感じ。元々1500monaもっていたのでそのままだったらなあと後悔。しかし100超えたら絶対売っただろうし。やはり上昇率が極端すぎて難しいのがクリプト投資だ。

2017年10月4日水曜日

ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンを購入

任天堂の名作群が盛り沢山。スーファミミニを購入

謎の予約抽選が最近のスタンダード?

 ネットニュースで見て欲しくなったのでjoshinに行ってみると”予約”を抽選していた。当選すると予約する権利がもらえるというものだ。応募して数日サイトをチェックすると当選の文字(ラッキー)。でもよく考えたら予約の抽選ってなんなのか・・・?。昔はこんなことなかった気がするんだけれど、今はゲーム業界も出せばヒットという訳じゃないから在庫抱えるのが不安なのだろうか。或いは転売対策か。
 昔スーファミの中古を買って遊んでたんだけれど、電源を落とすたびにセーブデーターも消失するという悲しい状態でまともにプレイできなかった。ヨッシーアイランドなんかのクリアできないまま泣く泣く諦めたタイトルを攻略できるのは嬉しい。ファミコンミニはコントローラーも小さくプレイしにくそうだったけれど今回は過去のサイズのままやりやすい。転売価格じゃなきゃお勧めだ