2017年6月14日水曜日

新作絵画、準備に1か月かかったよ。

新作油絵始めました。 

細々した用事をしながら、新作の制作をスタートしたのは5月の始め。willem kalfの作品の構図を参考にプランを立て、モチーフを揃えた。まず、ヴァルトグラスの入手が困難で(ルーブルの土産売り場にはある)似た形で気に入るものを見つけるのに時間がかかった。





(現在、手前の絵の具は油壷に変更している)

去年から石膏地で作品制作をしていたのだが、どうも綺麗に混ざらない。毎回多量のダマが発生し失敗していたので今回はハンドミキサーで無理やり攪拌。それでもダマ状なのでそのまま塗ることにした。仕上げに耐水ペーパー、カッターナイフ、磨き布で研磨したところ、綺麗にフラットにすることができた。が、、、、

下書き途中で罅割れが発生。前回まで船岡ロールで制作しており、それを変えたのが原因かと思ったのだが、ホルベインのホームページに答えが乗っていた。
初めて買ったボローニャ石膏が不良品。もっと大々的にお知らせしてくれなきゃ分かりませんよ。すべて使い切っていたけれど、すんなり交換品が送られてきた。電話で対応した方は混ざらないだけで使うのに問題ないといっていたが、、、すでに割れている。
 このロットを所持している人は早急に交換してもらった方がいい。そして新ボローニャで石膏を作るとハンドミキサー不必要なぐらい簡単に混ざるし、質感も全く違う。今まで石膏だと思っていたのはなんだったのか。
 そんなことで、6月から鉛筆の下書き作業が14日目でここまで進んだ(石膏のグダグダを除けば随分なスピードアップだ)。あと一週間で細かい部分は終わらせて塗りに入りたい。