2018年12月3日月曜日

【 Hash War 】 (ハッシュウォー)によってBTCは年初来安値を更新。厳しい相場が続く。

BCHABC BCHSVによるHash Warがビットコインを壊す

マーケットは壊滅的ダメージ。福音のbakktも延期へ

前回の記事更新後BCHは無事二つのコインへ分岐した。しかしこの2つのコインBCHSV BCHABCの2つの陣営の争いは激化しHash Warなる不毛な消耗戦を開始した。
Bitmex Researchはこの戦争でかかるコストの試算を公開している。彼らは巨額の赤字を立てながら日々BCHを掘り続けている。この赤字の補填に保有しているBTCをマーケットで売却し、BTCの価格に影響を与えた。この騒動の当事者、自称"satoshi"のCraig氏はBTCを1000ドルまで落とすと豪語している。


BTC週足チャート
 ネガティヴを加速させた要因としてチャート上では長期間破られることのなかった上昇トレンドラインを割り込んだ事も挙げられる。多くの人が割ることはないと信じていたラインでもあるし、実際BCHのフォークがなければ割ることはなかったラインだろう。なぜなら、この数ヶ月出来高は減少し買いも売りも殆どなく価格は安定していたからだ。そんな中、最大級の大口が現物の大量売りを出したため需要供給の歪みが発生し大きく価格が動くことになった。

 12月相場の目玉であったBakktも同タイミングで延期を発表、株安なども同時進行しマーケットの心理は悪くなり1時3500ドルを割り込む結果に。現在ショートカバーにより反発を始め4000ドルを超えている。しかし、サポートラインの消失により多くの人が節目である3000ドルラインが大底だと見ているため買いが続かず値動きは重いのが現状だ。
Bitfinex Long Short

 ただし、この状況で裸ショートは少々危険。Bitfinexのロングショート比を見て観るとこの数日3700−4200ドルからひたすらショートを打ち続けたためショートの比率が増大し、4500ドル近辺まで上げられると売り方はポジション維持が非常に厳しい状況になる。fundingcostも上昇しているため彼らが期待している3000ドルへの大口の現物投げ売りが起きるかどうかが肝になるだろう。
 現状のマーケットではレバレッジをかけたトレードは立ち回りが難しい。わからない人はとりあえず現物の買い下がりがベターだろう。


2017年初値は116000円 バブルは再来する?

 巷では2月ごろから年末になればまた上昇相場はやって来る。そう言われていたけれどついに最安値更新、安値継続中のBTC。2017年上昇相場は再び来るのか?過去を振り返って検証。

BTC日足


  2017年初値は116000円、最安値は90000円、最高値は12/7日に付けた2210000円。上昇%は約1900%、2017年初日にビットコインを購入した人は12月まで"HODL"していれば株でいうテンバガー銘柄を当てたことになる。

MONA 2017


 ちなみに日本で買える銘柄で人気があったモナコインは初値2.8円、最安値2.7円最高値2100円。最大75000%上昇という買った人はほぼ損をせず12月まで持っていれば全員資産7500倍という夢の銘柄だった。(自分も1月頃買おうとしてたが登録が面倒で買わなかったことが悔やまれる。)



 TwitterなどSNS上での盛り上がりも一つのトレンド指標としては面白い。昨年最も強気価格だった時には取引所の本人確認のハガキの遅れを気にするユーザーが大量に存在し、まさに今すぐ欲しいビットコインだ他のがわかる。今はこんなことを書いてる人はいないし、もちろんハガキもすぐくる。



 Googleの検索量をサーチしてもやはりピーク時に比べビットコインや仮想通貨に関して調べてる人は右肩下がり。コインチェックが盗難にあった際は多くの注目を集めたのに対し最近のzaifからの盗難は全く話題になっていないのも面白い。これを見ればアフィリエイトブログの収益も悪化しているのも予想でき、去年のような一般人を巻き込んだお祭り騒ぎも起こしにくいのがわかる。今、ビットコインのフェーズは世間からの無関心へと変化し、前回のようなバブルを直ぐにでも起こすパワーは失われている。だがこれを好機と捉え、安くなったコインを買いHODLするのは悪くないかもしれない。




2018年11月17日土曜日

昨年盛り上がった仮想通貨ビットコイン、ついに年初来安値更新

空前の仮想通貨ブームが到来、そしてバブル崩壊


11月14日に最安値更新、セリクラは終わっていなかった


昨年冬1BTC240万円という史上最高値を叩き出し、街もテレビも仮想通貨ブーム一色となり浮かれた人を多く見かけた。近所でラーメンを食べれば大学生がxemってどうだろうとか、コインチェックはとか、レストランに行けば同僚がビットコインで儲かって会社を辞めたなんて話している人もいた。
 しかし年を開け一転、altコインにビットコインの利確益が周りバブルを演じたものの即収束し下落トレンドへ突入。2月につけた最安値からの反発を試みるもダブルトップの形となり下落相場が続いていた。
 日本ではコインチェックに次ぎ、zaifからの盗難も発生。海外でもネガティヴなニュースも多数あったが閑散相場に売りなしというように出来高も殆どなく70万円から75万円のボックス相場をこの2ヶ月程演じていた。
 そんな中BitcoinCash(BCH)のハードフォークイベントが発生。二つの巨大陣営による泥沼争いの副作用か先日Bitcoinは年初来安値を更新することとなった。多くの人が日柄調整もようやく終わり相場も上向きになるかといった所の動きだったので悲観する人も多い。今後Bitcoinはどうなるのだろうか。
 

BTC日足

satoshi?それはfake?


 今回の騒動の発端BCHのハードフォークだが、自称Bitcoin開発者Craig s Wright氏と世界最大級のBitcoin採掘会社Bitmain社の対立が起因している。そもそも仲良しこよしで真のBitcoinとして彼らが昨年打ち出したBCHなので、この争いはホルダーにはショッキングな事件だろう。さらにbitcoinの開発者satoshiとして祀られていたCraig氏は偽物"faketoshi"として貶される始末。怒るCraigはビットコインを1000ドルまで落とすと発言。彼が本当のsatoshiならば不可能ではないため相場をさらに冷やすことになったのだ。だがフォーク後、彼が新たに作り上げたBCH-SVは現状では従来のBCH-ABCに押し負けている。やはり彼は偽物なのだろうか?そうであればBitcoinは1000ドルまで落とされないであろう



新たな希望Bakket


 悲観ばかりではなくサプライズもある。SECによるBTCのETFはひたすら却下され続けているが、ニューヨーク証券取引所運営元のICEはBakktという新たなプラットフォームを発表した。そこで開始されるBTC先物への機関投資家のマネーが期待されている。1年に渡る長い調整をついに終わらせることができるのか、来月は見どころだ。


おまけ XRPの現在


メジャーアルトの中で最も極端な動きを見せ、人々を魅せ信者を誕生させ破滅へと導いたコインxrp。凄まじいチャートである。30円から400円への昇竜拳を見せたのもつかの間、まさにナイアガラといわんばかりの一月で50円台へ。そこから大きく戻すこともなく28円をつけた後リップル社のイベントにより回復基調に。相変わらずの50円台だが復活の兆しが見えてきたコインなので面白い。(購入はお勧めできないが)




MHW 歴戦王ゼノジーヴァソロ攻略。

 MHWのラスボス、ゼノ・ジーヴァが強化されてやってきた。

MHWの最終ボス、ゼノ。人気の古龍種の新モンスターなのだが、どうも魅力がなかった。
大きすぎる図体で近距離ではやりにくく、緩慢な動きのため弓やボウガンででパシャパシャしてるだけの敵なので緊張感のない戦いになりがちだった。
さてそんな残念ボスが歴戦王(誕生したばかりのモンスターなのに歴戦とは?)というMHW最大の強化イベントで再来。どうせパシャパシャしてりゃ倒せるんだろうと思ったら予想外に強かった。

凶悪、スリップダメージ連鎖 そして爆発

元々、怒り時の攻撃により床が燃えてスリップダメージが発生していたのだが、通常時でこの画像の状況になる。昔のMHの火山マップかな?というこの環境での戦闘になるので熱ダメージ無効のための心頭滅却の護石が必須になる。攻略サイトではこれに属性やられ無効もつけられているが、護石だけで問題なかった。

ゼノジーヴァ


今回凶悪だったのはこれだけでなく怒り時の地面パンチ。パンチ後に地面が爆発するのだが時間差でマップのほとんどが爆発する。ガンナー防御450程度では即死だったので近接でも結構シビアなダメージを喰らうため無対策では攻略不可とみて撤退。弓はガードできないので回避マスターでもない限り面倒極まりない立ち回りを強いられるだろう。

そんなわけでヘヴィにガード盛り盛りでリベンジ

歴戦王ゼノ テンプレ装備

ガイラアサルトにシールドをつけ、ガ強ガ性で防御を高める。これによりガード時レーザはほぼノーダメージ、爆破だけ小ダメージとなる。自信がある人はガ性を減らしつつ攻撃スキルに変化すると良い。
立ち回りは、通常時はひたすら武器を出しながら近くにある弱点を狙っていく。頭は動き回って当てにくいので前足がやりやすい。ガードしながらも少しずず体力は削られていくがオトモのミツムシで事足りる。(回復カスタムを積んでいるならもっと楽)
怒った時が最大のチャンスタイム。
厄介な爆破パンチもガ強があれば防げる上、ガ性4もあれば削られる体力も20%前後。耐えた後は胸に向かって連写してるとダウンを取れる。さらにダウン中も胸を打ち続けることで連続ダウンも可能(7連続ぐらいいく時もある)。唯一厄介なのは浮遊した時で、攻撃判定が微妙なためたまにガードできずに即死する。怒り時はなるべくダウンを狙って飛ばないようにするとタイムも早まる。
20分もすれば大抵倒せる。若干ハメっぽいが雑魚ボスの汚名は無くしたと思うほどの強化。苦戦している人は是非お試しあれ。

2018年10月31日水曜日

新型iPad Pro 発売。これは買い替え候補になるか

Apple新製品発表で新型Mac mini Macbook Air iPad Pro  登場


  今年に入ってMacbook Pro15inch iMac27inchを購入した。用途はトレードとdm編集などになるのだが一昔のPCから随分とスペックアップしたことを実感する。ただタブレットはiPad4のまま長い間買い替えもせず過ごしていた。
 Apple storeで旧iPadProを触った時、photoshopがiOS用のものでこちらの使用したい機能や能力を発揮できておらず少々がっかりしていたが、今年になってAdobeはPhotoshop CCをiOSに対応させると発表したので購入候補に入れていた。そして今日発表されたipad Proは期待以上と言わざるを得ない。ベゼルの削除によりipad4と同じサイズでinchが11inchになり重量も400gと軽量。faceid、新型pencilも良さそうだしtypeCに対応したことにより漸くmacbookとの連携も取りやすくなる。
 だが値段に関しては、本体、ペンシル、ケース全てアップしているため、ストレージを256GBに抑えても全体で15万円ほどとかなり高額に。新Airやmac miniと変わらない価格である上、macbook 2016の方が圧倒的に安いとなると購入は慎重になる。
adobeのphotoshopCC iOSは2019年のようだしそれまでは眺めておくのが吉といったところだろうか。


2018年10月29日月曜日

Amzon Fashionはアパレル通販の覇権を奪えるか?新サービスPrime Wardrobe登場。

Amzon Fashionはアパレル通販の覇権を奪えるか?


 amazonを長い間ウォッチしているが、ファッション分野だけはどうも遅れをとり続けてるように思う。amazonで家電を買う人はヤマダ電機に行けばすぐに会えるけれど、服を買っている人を見つけるのは至難の技だ。しかし、時価総額2位企業がファッションという巨大マーケットに目をつけてないわけもなく、かなりのテコ入れを定期的にしている。多くの人が気づいていないだけでAmazon Fashionは他通販を圧倒するポテンシャルを秘めている。

本格侵攻はつい最近。


 2017年から東京ファッションウィーク(東京コレクション)は冠スポンサーがAmazonに変わり名前もamazon fashion week となっている。さらに2018年春には品川にファッション部門の巨大撮影スタジオを作った。そしてそれらを駆使したと見えるAT TOKYO のページがつい最近現れた。AT TOKYOにはChristian DADA、N .HOLLYWOOD等、旬の国内有名ブランドが名を連ね、販売ページも他の商品とは力の入り方が違う。通販でファッションは気が引けるという時代は既に過ぎ去り、お洒落な服がある通販はどこだろうに大衆の心境もシフトチェンジしてきている。この2年で示した、amazonのウィークポイントであったお洒落じゃない雑多な商品群を変えていく姿勢は素晴らしい。そして、通販のもう1つの弱点、試着できない、ダメだったらどうしようを消すためにzozotownはzozosuitをそしてamazonはprime wardrobeで勝負に出た。

Embed from Getty Images


新サービスPrime Wardrobe


 もともとamazonの服はamazon fashionというページで販売されており、返品システムも他商品と違いセール品でも試着して1ヶ月返品okというかなり大盤振る舞いな仕組みだった。今回登場したprime wardrobeは返品7日と実は改悪に当たる仕組みなのだが、うまくいく可能性は大きい。
 改悪なのに何故?と思うかもしれないが、amazon fashionの宣伝はほとんど無かった上、利用ユーザーはとても少なかった。対してprimeとつくprime video、prime music等のサービスはユーザーに好評な上どんどん会員を増やしている目玉コンテンツだ。そうして増えたprimeヘビーユーザーがこの新たなprimeを冠するサービスを放っておくとは思えない。今まで目立たなかったファッション部門をユーザーが気になるネームに変えただけでも広告効果は抜群だろう。
 改悪とは書いたがwardrobeにも良いところはある。amazon fashion時代は返送伝票や返品理由を自分で印刷し処理する必要があったが、wardrobeは返品前提の仕組みなので伝票は最初からついており返品する際に理由を考える必要もない。さらに商品を1度に8点注文できるため、店舗で商品を選ぶように自分の好みのものを実際に見て選択できるのは画期的だ。

EC新時代


 zozotownはzozosuitで自分にもっともフィットする服を探し、作る仕組みを産み出した。amazonは自宅をセレクトショップにしてしまう新たなサービスを打ち出した。今までのように商品写真を撮り、説明を書いて販売する通販は苦境に晒されるだろう。
 Ecサイトの新時代の幕をあけるのはやはりamazonだろうか。

 
 




2018年9月16日日曜日

Next generation

e-sportの躍進と新時代の到来?

変化の起きたPCコーナー

 京都に行く機会があったので久しぶりにヨドバシカメラに立ち寄った。家電量販店へいくと買い物をしなくても、どこのメーカーやどんな家電に人が集まっているかをチェックする。
 今回最も変化のあったのはPCコーナー。ハイエンドデスクトップがこれでもかと陳列させれており驚かされた。数年前まで量販店におけるデスクトップPCのニーズは衰退を続け、その中でもハイクラスのものはスマホの発展、ミドルクラスのスペック向上により需要は減少。ゲーミングモデルに関しても、コンシューマのスペックアップによりマニアックな層以外は離れてしまっていた。


ゲーミングPCの特需

今回ヨドバシカメラで最も増えていたのはマニア用だったはずのゲーミングPCだ。購入しようと触っていたのも中高生男子から大人までと年齢層も幅広い。この人気の理由は彼らの服装をみてすぐわかった。e-sportのプロチームのグッズを身につけていたり、ユニフォームを着用している。
Embed from Getty Images
 日本のオンラインゲームの全盛期に多少の賞金のあるゲームは存在したが盛り上がりに欠けていたし、ユーザーの多くはスマートフォンに移行してしまっていた。これはゲームは遊びという既成概念があまりに強く、ゲームプレイをビジネスレベルまで持っていけるだけの社会環境が整っていなかったことが大きい。プロゲーマーと呼ばれるレベルのプレーヤは確かにある程度存在はしていたにせよ、その扱いはパチプロ同様暇人の趣味程度の扱いだったのは間違いない。
 その暇人たちに焦点を充てたのはアメリカ。「e-sport プロゲーマーたちの戦い」という映画がある。まだまだマイナーだったプロゲーマー達とe-sportの大会運営に焦点を当てたドキュメンタリーだ。良い年齢をした大人達がゲームを中心にした生活をする姿、大会のために練習に励む様子、熱狂するファン、壮大な大会、どのシーンも印象的だし面白い。これをみてしまうとゲームは遊びだとは一概に言うのは難しい。実際、映画でプレイされているゲーム”LOL”の大会優勝賞金は現在2億円とプロスポーツ顔負けの金額が動き、多くのプレイヤーが切磋琢磨し難易度も非常に高くなっている。
 ヨドバシカメラの変貌は、そんなゲームを取り巻く環境の変化を表しているのだろう。ゲーミングPCは20万円近い物も多い。小・中学生の子供には勿体無い、ありえないと思う人もいるだろうが、将来つきたい仕事youtuberが出てきたようにプロゲーマーも一つの職業と理解し習い事と思って買ってあげてほしいものだ。

プロゲーマーの社会地位向上と日本の躍進

 前項で書いたように、まだまだ日本のプロゲーマーへの風当たりは強い。ゲーム先進国だったはずの日本がアドバンテージを活かせず結局また韓国、中国、がアメリカに出し抜かれている。ゲーム制作のパイオニアの日本がここまで出遅れたのは手痛い事だが、少しずつ流れを変える動きも出てきた。マザーズに上場しているGamewithという会社がある。ここはゲームの攻略サイトを中心に運営している新興の企業で採用方法が面白い。1例でポケモンGoのライターの求人を見てみると応募条件がこうなっている以下の条件すべてを満たしている方・TL35以上・バトルガールが金メダル・原作の知識が豊富・英語をある程度読める。スタンダードな学歴や資格ではなく如何にそのゲームをやり込んでいるかというこの要項はゲームは仕事にならない、を根底から覆す斬新なものだ。さらにGamewithはプロゲーミングチームを作っており、プロプレーヤーの育成も積極的だ。
 上場企業がゲームプレイを仕事にしてくれる時代。youtubeのCMで話題になった「好きなことして生きて行く。」この幅はこれからもどんどん広がって行くだろう。そんな好きなこと世代の中から世界に出て行くスターがら現れるのを願っている。



2017年12月16日土曜日

art rainbow 2017 その2

 昌原と馬山 


 今回の渡航先は韓国の中でもあまり聞いたことがない昌原という場所だ。金海空港から迎えのバスで1時間、テレビで見たことのある朝鮮の風景を眺めながら走っていく。着いた昌原大学で女性メンバーを下ろし、男性は別の場所で泊まってもらうとまた移動。着いたのは馬山という町にあるエレベーターもないゲストハウスだった。
 話を聞くと、男性メンバーは同室。他の部屋で泊っている人が1名と、その建物を管理している人たちも何人か住んでいるようだった。ゲストハウスのオーナーに話を聞くと、カフェギャラリーを 併設しているからそこで絵を描けとのこと。少し事前の話は違うがまあしょうがない。ほかのメンバーと交流は難しそうだが、結局そこで制作を始めることにした。
 馬山から昌原まではバスで約1時間。しかも時刻表がないので動きづらい。そんなこともあってあまり昌原には出向かず、パーティや全員集合の日程以外は馬山で籠ることに。プロジェクトの目的はアーティスト同士の交流だと聞いたのだけれど、仲良くなったのはゲストハウスの人々や現地の人だった。
 ギャラリーでの制作をオープンな形にすることでカフェに寄ったお客さんが興味をもって見に来てくれる。韓国ではあまり美術が浸透していないようで、油絵をやっているというだけで相当珍しいようだ。人が来るたび描き方を解説し、写真を撮られながら作業する。時には修学旅行生の集団がオーナーに開設してもらいながら見学することもあった。流行りのスイーツに群がるように興味津々で絵を見ていく韓国の人をみていると、この国の美術はこれから活気づいていくかもしれないと思わされた。 
 そうやって、馬山で生活していると、韓国の人は親切なことに気付く。コンビニで商品を買う時にお得な商品を教えてくれるし、言葉が通じない時は日本語が分かる人をさがしてくれる。ゲストハウスの人や、宿泊客にも食事をご馳走になった。その辺で知り合ったおじさん達もたこ焼きを奢ってくれた。テレビの中で騒いでる日韓問題なんてなかったように皆フレンドリーなのがとてもうれしかった。